子どもの貧困、待機児童問題、親の労働条件・・・厳しい現実があります。
子どもが豊かに育つ地域・社会に 大人は何ができるか、一緒に考えませんか

 

テキスト ボックス: 7/30(日)9:30~12:00
 北とぴあ 806号室
東京メトロ南北線「王子」5番出口 直結/京浜東北線「王子」北口 徒歩 2分/都電荒川線「王子駅前」徒歩5分








 

昨年「保育所落ちた!」の怒りの声で大きな社会問題へ押し挙げられたものの、一向に待機児童問題は解消しません。保育園や学童に入る事ができた世帯でも親の長時間労働やダブルワーク、あるいは交替勤務などで、長時間保育や留守番を強いられている子どもが増え、子どもだけで食事を食べている家庭も多くなっています。そこで最近各地で取り組まれているのが、子ども(大人)食堂です。私たちも、昨年に引き続き、「あだちフェスタ」(東京都足立区)において,子どもの遊び場と子ども(大人)食堂を行いました。親子で楽しい時間をゆったり過ごし、たくさんの美味しいとお替りをするお客さんで好評でした。


日本の子ども6人に一人が貧困状態にあります。「当たり前」と思われる生活ができない、進学・将来の希望を諦めなくてはならない。それも一見分かりにくい「見えない貧困」に置かれています。2013年「子どもの貧困対策推進に関する法律」が成立し、翌年「子どもの貧困対策に関する大綱」が閣議決定されました。その後、地方自治体で、子どもの貧困対策計画が策定、または策定予定が公表されています。でも、実際はどうなっているのでしょう。



 足立区は全国に先駆けて子どもの貧困の実態調査を行いました。現状はどうなのか、どの子も豊かに、希望をかなえられる街にするために何が必要なのか、6/10「子どもの貧困って?すべての子どもが豊かに育つために、いま 6.10あだちのつどい」(14時~北千住駅のシアター1010 主催:平和と民主主義をともにつくる会 協賛:子ども全交)を開催します。教会で子ども食堂を始めている方やボランティアスタッフ、子育て真最中の親たちと、一緒に考え話合いたいと思います。


 この6/10の集いを踏まえ、2017ZENKOの分科会では実際に子育てをしながら仕事をしている親たち、地域で子ども食堂を行っている方々から報告をして頂き、そこからみえてくる社会的な問題は何か、心が通い合う豊かな子育てをしていくために、それぞれの地域で何ができるかなどについて話し合いたいと思います。皆さん是非ご参加ください



2017 ZENKO in 東京 実行委員会Web:http://www.zenko-peace.com E-mail:zenkoweb@gmail.com

 連絡先:藤平 kodomozenko@yahoo.co.jp

    




[PR]
by kansai-kozen | 2017-06-21 23:59 | 事務局から | Comments(0)

子どもとともに生きよう 今、わたしたちにできること 桜井智恵子さん講演会 

  日時:226日(日)13:30~16:00 
  場所:エルおおさか南館7階72
( 京阪・地下鉄「天満橋」駅から西へ300m)
  参加費 800円

 子どもに学力・体力をつけ、社会的に自立できるように…よく言われることですが、その能力主義と競争教育が、実は学校をどんどんキツくし、子どもたちを苦しめていないでしょうか。いじめや不登校、問題行動と言われるようなことは、子どもたちの「しんどい」という悲鳴ではないかと思います。

ひるがえって見れば、おとなもまた、経済優先の社会の中で、何でも「自己責任」とがまんを強いられ、「成果主義」で追い立てられています。子どもたちの苦しい状況は、おとな社会のキツさをそのまま映しているようです。

先ごろ、不登校の子どもを「支援」するという法律が国会で成立しましたが、これも、不登校の子どもは学校の外の施設に行かせ、子どもがつらいと感じる学校そのものは変えようとしていません。

子どももおとなもしんどいと感じる学校や社会は変わらなくていいのでしょうか?今必要なのは、子どももおとなももっと生きやすい社会にできないか、市民一人ひとりが考えて動くことでは?という思いで講演会を企画しました。

オンブズパーソンとして子どもたちの話を聞き、またいじめの問題にも関わってこられた桜井智恵子さんにお話いただき、親も教職員も、子どもに関わる方も今関わっていない方も、垣根を越えてともに考えたいと思います。ぜひご参加ください。

***************************************

<桜井智恵子さんプロフィール>

大阪大谷大学教授。川西市子どもの人権オンブズパーソン、大津の子どもをいじめから守る委員を経て、現在は門真市教育委員。著書に「子どもの声を社会へ」(岩波新書)、「市民社会の家庭教育」(信山社)など。近刊は「戦争への終止符」(共編著・法律文化社)。専門は教育学、思想史。子育てしながら大学生になり学ばれたそうです。
***************************************

主催:フリースペースひまわり・子ども全国交歓会

連絡先:090-9695-1846(小川) E-mailoyaibasyo@yahoo.co.jp
               ブログhttp://sea.ap.teacup.com/oyaibasyo/

090-7096-4719(高松) E-mailkodomozennko@yahoo.co.jp



[PR]
by kansai-kozen | 2017-01-22 00:29 | 事務局から | Comments(0)

2/26(日)13:30~16:00  「子どもとともに生きよう 今私たちにできること~桜井智恵子さん講演会」

エルおおさか南館7階72 参加費 800円

子どももおとなも生きやすい社会にするために何ができるか、ともに考える機会にしましょう。
川西市子どもの人権オンブスパーソン代表をされていた桜井さんの話は、今を生きる子どもの状況を
     とらえ 社会のありかたはどうなのかと、わかりやすく胸におちます。
     是非日程調整してご参加ください。  

     世界でも異常な、教育過剰な国日本、良心的な親も教員も含めその上であたふたしてしまっているのが現実ではと
     思います。この「教育」をベースで考えていては、いつまでも日本の子どもは幸せになれません。
     「でも、実際社会でいきていくには・・・」と、思うたくさんの大人に来てほしいと思うのです。

e0149515_15433187.png

[PR]
by kansai-kozen | 2017-01-14 15:44 | 事務局から | Comments(0)

今日のひまわり企画

今日は男子ばかり。しゃぶしゃぶしました。あっという間にたいらげました。
来月のKOZENでのどんどんまつりで、模擬店出せたらなあ・・と提案しました。
案は、わらびもち、みたらし団子。どうでしょう?
e0149515_0385111.jpg
e0149515_039114.jpg

[PR]
by kansai-kozen | 2009-02-11 13:00 | ひまわり企画 | Comments(0)

子ども全国交歓会の活動
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30