もうすぐです

 2011大阪子全 開催間近です。

 福島第1原発事故による被爆を逃れて関東からも避難が始まっています。しかし政府や自治体が明確な情報提供を行わず対処できないでいる中、情報を得るすべを持たずお金を持たず、頼る人がいない人がこういった事態のなかで置き去りにされていくことは明白です。緊急学習でこの原発事故についても考えます。

直ちに情報を共有し、一緒に行動や要請ができる関係は、大人子どもが日常的に繋がる関係の中で、弱い立場の人たち子どもたちを切り捨てない地域つくりの中で活きてくるのだと思います。

「地域にひらかれた居場所をめざして」~
をテーマに、子どものための施策や、社会保障を充実させ、非正規雇用をなくしていく運動と同時に、子どもを中心に様々な人と人がつながり孤立せず自己実現していく「地域に開かれた居場所」をつくっていくための論議をします。親だけなく、子どもたちのためにと思っている人たちと一緒につくっていきたいと思っています。是非加わってください。

3/26(土) 13時 オープニング(子どもと一緒)
    14時~16時 国際フォーラム フィリピンAKCDF ポールガラン氏
           「子どもの平和地域宣言」決議以降の運動の前進 
           1月「ピースフォーラム・ピースキャンプ」の意義と成果 など

             子全総会
   16時~18時30分 国際交流バイキング(子どもと一緒 炊爨場で)

     
19時30分~21時 「福島第1原発事故をどう見るか 私達のやるべきこと」

   講師 小山潔さん (劣化ウラン兵器禁止条約実現キャンペーン)

3/27(日) 9時30分~14時30分 「子どもの居場所をつくろう」シンポジウム (昼食650円)

      14時30分 エンディングセレモニー(子どもと一緒)

*浜寺公園内には食事とるところがないです。食事を伴う場合は参加申し込みしてください。

 kodomozenko@yahoo.co.jp 
  
           
[PR]
by kansai-kozen | 2011-03-23 21:39 | KOZEN大会 | Comments(0)

 子どものプログラムは以下の通り。夜の交流は「王様陣屋」大会になりました。申し込み受け付けています。
子どもたち 集まれ~
e0149515_15143695.jpg
e0149515_15241217.jpg
e0149515_1524344.jpg

[PR]
by kansai-kozen | 2011-03-23 15:14 | KOZEN大会 | Comments(0)

 突然襲った震災の 被害状況に胸がつぶれるおもいです。
被災者の方が一日も早く平穏な生活を取り戻せるよう、私達にできることを、と思います。

13日は、チャイルドピースコンサートが香里教会で行われました。フィリピンAKCDFポールガランさんとともに創る平和コンサートです。今回の地震の被災者の方への支援の呼びかけも行われました。

e0149515_0223727.jpg
e0149515_0224947.jpg
e0149515_0225819.jpg

[PR]
by kansai-kozen | 2011-03-15 00:24 | フィリピンAKCDF | Comments(0)

 昨日大阪府橋下知事は、昨年3月に自ら提示した教育内容変更などの不当な条件
をすべてクリアしていないなどの理由で、30年にもわたる大阪朝鮮高級学校への助
成を打ち切るという結論を出しました。

 明らかな民族差別、権利侵害です。高校無償化は子どもの教育権に関わることで
政治を持ち込み、子どもに負わせるような仕打ちは許せません。

 
[PR]
by kansai-kozen | 2011-03-09 22:51 | 事務局から | Comments(0)

韓国からやってくる!

 今月26日27日の大阪子全。韓国からは総勢17人の参加があります。
小学生10人 中学生2人(男7人 女5人) 大人は5人。昨年のアジアはともだち!子どもコンサートに来ていただいたお母さんもまた来てくださいます。子どもは大学生だから来ないけどこんな交流に行きたいとお母さんだけが参加という初めての人もいます。そして、今回はお父さんの参加もあります。

 一緒に韓国料理をつくったり、夜の交流会も。韓国の子どもの状況や教育事情などの報告は国際フォーラムで。

 豊かな交流に期待が膨らみます。 

 みなさん参加申し込み急いでください。
[PR]
by kansai-kozen | 2011-03-08 01:30 | KOZEN大会 | Comments(0)

 今日(正確には昨日) 中山徹先生に「子ども・子育て新システム」について講演していただきました。本当にわかりやすく、丁寧な話に引き込まれました。
e0149515_1472166.jpg


寄せられた感想の一部です。

 ・ほとんど報道されていない問題で、とんでもない悪法でびっくりしました。すべて経済界の要請との事。それでなくても学校にいくようになり競争原理に投げ出されているのに、就学前から格差が広がっていく現実に恐ろしくなり、何としても阻止していかねばと思った。

・結局は経済界の意向にそうためにシステムがあることがはっきりしていると考えます。しっかり情勢を、このしくみを伝えていけるようになりたいです。

・お話がすごくわかりやすかったです。少し怖くなりました。子どもの権利を護るーこのためにこの制度も絶対に認めることはできないと思いました。こどもが育つ社会環境は大人・・・誰にとっても優しい社会であると思います。そんな社会をつくるために一歩ふみ出したいし、仲間をつくる広げる必要があると思い決意しました。

・新システムになると親が親として育つ場を奪われてしまうという話が印象に残りました。そして子どもたちも子ども同士の中で育ちあう場としての保育所を公的保育制度して守っていくことが改めて大事なことだと思いました。

 子育てにとって決定的な変化をもたらすシステムであるのに知られていない。きちんと話をすると「まずいのでは」となる内容。身近なところで議論していくことだと言われていましたが、子どもにとっても親にとっても働く人にとっても、全くダメなシステムということが本当によくわかりました。アピールはHPのほうにアップしました。
[PR]
by kansai-kozen | 2011-03-07 01:50 | 事務局から | Comments(0)

 大阪弁護士会が主催のシンポジウムに行ってきました。~子どもの生存・発達する権利を保障し、子どもの最善の利益を確保するために~という副題です。子どもを育てることは社会の責務であるはず、この新システムは根本を崩してしまうことなんだと思います。施設への補助をなくし、個人給付とする。行政の保育の実施義務をなくす。大きな問題です。
 
 私達も、中山徹氏(奈良女子大学大学院教授、大阪保育運動連絡会会長) を講師として集会を持ちます。是非参加してください。

  3月6日(日) 13時30分~ エルおおさか (京阪・地下鉄谷町線  天満橋下車)
   公的な責任のもとでの保育制度を完全に解体する「子ども・子育て新システム」に反対!
           子どもの豊かな育ちを守る地域のつながりを
[PR]
by kansai-kozen | 2011-03-02 01:56 | 事務局から | Comments(0)

子ども全国交歓会の活動
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31