2017子ども全交 おおさか

春のKOZENを開催します。子どもは、異年齢集団で思いっきり遊び、ご飯をつくり、一緒に泊まり、楽しい2日間に。大人は子育て交流で子どもの事、学校のこと、仕事の事、日頃の思いを出し合いましょう。フィリピンから交流をしている、マニラにあるラーニングセンターから、10歳のジョン君、24歳のジョナルド先生、が参加します。是非ご参加ください。

<日程>3月25日(土)13:00~26日(日)15:00位
<宿泊>大阪国際ユースホステル
<活動場所>大阪府立羽衣青少年センター 浜寺公園など
e0149515_01535810.jpg
e0149515_01542596.jpg


[PR]
# by kansai-kozen | 2017-02-25 01:59 | 事務局から | Comments(0)

子どもとともに生きよう 今、わたしたちにできること 桜井智恵子さん講演会 

  日時:226日(日)13:30~16:00 
  場所:エルおおさか南館7階72
( 京阪・地下鉄「天満橋」駅から西へ300m)
  参加費 800円

 子どもに学力・体力をつけ、社会的に自立できるように…よく言われることですが、その能力主義と競争教育が、実は学校をどんどんキツくし、子どもたちを苦しめていないでしょうか。いじめや不登校、問題行動と言われるようなことは、子どもたちの「しんどい」という悲鳴ではないかと思います。

ひるがえって見れば、おとなもまた、経済優先の社会の中で、何でも「自己責任」とがまんを強いられ、「成果主義」で追い立てられています。子どもたちの苦しい状況は、おとな社会のキツさをそのまま映しているようです。

先ごろ、不登校の子どもを「支援」するという法律が国会で成立しましたが、これも、不登校の子どもは学校の外の施設に行かせ、子どもがつらいと感じる学校そのものは変えようとしていません。

子どももおとなもしんどいと感じる学校や社会は変わらなくていいのでしょうか?今必要なのは、子どももおとなももっと生きやすい社会にできないか、市民一人ひとりが考えて動くことでは?という思いで講演会を企画しました。

オンブズパーソンとして子どもたちの話を聞き、またいじめの問題にも関わってこられた桜井智恵子さんにお話いただき、親も教職員も、子どもに関わる方も今関わっていない方も、垣根を越えてともに考えたいと思います。ぜひご参加ください。

***************************************

<桜井智恵子さんプロフィール>

大阪大谷大学教授。川西市子どもの人権オンブズパーソン、大津の子どもをいじめから守る委員を経て、現在は門真市教育委員。著書に「子どもの声を社会へ」(岩波新書)、「市民社会の家庭教育」(信山社)など。近刊は「戦争への終止符」(共編著・法律文化社)。専門は教育学、思想史。子育てしながら大学生になり学ばれたそうです。
***************************************

主催:フリースペースひまわり・子ども全国交歓会

連絡先:090-9695-1846(小川) E-mailoyaibasyo@yahoo.co.jp
               ブログhttp://sea.ap.teacup.com/oyaibasyo/

090-7096-4719(高松) E-mailkodomozennko@yahoo.co.jp



[PR]
# by kansai-kozen | 2017-01-22 00:29 | 事務局から | Comments(0)

お餅になってきたよ

e0149515_11485255.jpg

[PR]
# by kansai-kozen | 2017-01-15 11:48 | 09KOZEN in Osaka | Comments(0)

今日は餅つき

e0149515_10555674.jpg

2017年スタートの集い餅つき大会 準備中
[PR]
# by kansai-kozen | 2017-01-15 10:55 | 09KOZEN in Osaka | Comments(0)

2/26(日)13:30~16:00  「子どもとともに生きよう 今私たちにできること~桜井智恵子さん講演会」

エルおおさか南館7階72 参加費 800円

子どももおとなも生きやすい社会にするために何ができるか、ともに考える機会にしましょう。
川西市子どもの人権オンブスパーソン代表をされていた桜井さんの話は、今を生きる子どもの状況を
     とらえ 社会のありかたはどうなのかと、わかりやすく胸におちます。
     是非日程調整してご参加ください。  

     世界でも異常な、教育過剰な国日本、良心的な親も教員も含めその上であたふたしてしまっているのが現実ではと
     思います。この「教育」をベースで考えていては、いつまでも日本の子どもは幸せになれません。
     「でも、実際社会でいきていくには・・・」と、思うたくさんの大人に来てほしいと思うのです。

e0149515_15433187.png

[PR]
# by kansai-kozen | 2017-01-14 15:44 | 事務局から | Comments(0)

子ども全国交歓会の活動
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30